· 

シックなアレンジの色合わせ

お花の色を合わせていくとき、意識していることがあります。

 

・色の彩度

・色の温度

・色の対比

 

実際にあわせてみた時の印象が一番ですが、

 

この三点を少し意識してあげると、ぐっとお花の色合わせがしやすくなると思います。

 

例えばこのお花。

 

chicなイメージでお花を合わせていますが、

こんなことを意識して行っています。

 

このバラは淡い紫ですが、彩度が低く、少しシルバーに似た印象をもっています。

色の温度が低い青みを感じる淡紫です。

 

このバラを使いたいと思ったときは、彩度が低く、温度が低めのお花を合わせていくようにします。

 

変化を出すために、この場合は濃淡の対比をもたせています。

 

 

 

 

彩度とは色の鮮やかさ。発色のいい主張の強い色は彩度の高い色。逆にグレーを混ぜたような、渋い色味は彩度が低い色。

 

 

温度が低く感じるのは、青色素を感じるようなシルバーに合いそうな色。温度が高く感じるのは、黄色い色素を感じるようなゴールドに合いそうな色。

 

 

対比は、濃淡で表す場合もあれば、色相(色味の違い)で表す場合もあります。赤⇔緑、黄色⇔青や紫といった感じで。

 

 

ワントーンで仕上げたい場合は、対比色を入れないこともあります。

 

 

 

 

 

 

ご自身でお花を生けられる際に色合わせで迷われたときには、彩度・温度・対比を意識してみてくださいね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mimico+  中村美佳